国際観光プロモーション事業紹介

インドネシア市場 エージェントファムトリップの実施


【ジャカルタの大手旅行エージェントを対象にファムトリップを実施しました】
 
 9月1日から6日までインドネシア・ジャカルタの大手旅行会社4社を招へいし、ファムトリップを実施しました。インドネシアからの訪日旅行の主力層である中華系インドネシア人の富裕層・上位中間層の嗜好にあった関西の文化・食・観光素材を総合的に視察・体験してもらい、旅行商品の開発・造成に繋げて頂くことを目的とした今回の企画は、新たなデスティネーションとして鳥取、神戸、大阪の観光素材を紹介しました。
 神戸で訪問した「人と防災未来センター」は、日本同様に地震や津波の経験を持つインドネシア人にも関心の高い施設のようで、参加者は熱心に説明を聞きながら見学していました。鳥取県では鳥取砂丘や梨狩り体験、智頭町・みたき園では古民家での食事など、豊かな自然や文化を堪能してもらいました。また、ファムトリップ中に実施した勉強会では、資料等で鳥取県の魅力を紹介したり、今回は訪問できなかったエリアも含むモデルコースの提案などを行い、ゴールデンルート以外の新たな商品造成につながるよう情報を提供しました。
 当財団では今回の事業のフォローを行うとともに同市場からの誘客プロモーション・マーケティング活動を引き続き行ってまいります。
*当事業は近畿運輸局と連携したVJ地方連携事業として実施しました。
 

 
image
古民家での食事
image
観光スポット等に関する勉強会
image
梨狩り