国際観光プロモーション事業紹介

台湾市場 大商談会の実施


【台北・台中・高雄で「オール関西 大商談会」を実施しました】
 
 昨年に引き続いて第2回目となる「オール関西 大商談会」を台湾の三都市(台北、台中、高雄)で実施しました。
 9月1日から5日の日程で関西地域の10府県、および、ホテル、鉄道会社等観光関連事業者計83団体・103名が台湾を訪問。台北、台中、高雄の各都市で各地の旅行会社と商談を行いました。台湾サイドの参加者数は、日本・関西への高い関心を反映して述べ180社350名と昨年を大きく上回る盛況ぶりで、各会場とも予定時間を超す活発な商談が行われました。各ブースでは単なるPRにとどまらず予約や契約が成立する場面も多々見受けられました。
 各都市滞在中、各府県担当者や事業者は、現地の旅行会社等を個別訪問してフォローアップを行ったり、参加した事業者同士が今後のインバウンド事業における協力・連携を話し合うなどする姿も見られました。
 当財団では今後も引き続き台湾市場のニーズに合うプロモーション活動を実施してまいります。
*当事業は近畿運輸局と連携したVJ地方連携事業として実施しました。
 

 
image
商談の様子