国際観光プロモーション事業紹介

第85回外国特派員プレスツアー  京都市を取材


 日本に駐在する外国特派員を関西に招へいして取材機会を提供する「外国特派員プレスツアー」を9月19日、20日に京都市で実施しました。今回の取材テーマは「京の文化 世界へ発信!マンガ・アニメ&京町家」。5カ国・地域(イタリア、バングラデシュ、中国、台湾、香港)の新聞、雑誌等、計7社が参加。西日本最大級のマンガ・アニメの総合見本市「京都国際マンガ・アニメフェア2014」やマンガ・アニメと伝統産業の融合の事例として黒染と清水焼を、また、町家を活用して京都の魅力創出や情報発信を狙う京都市のユニークな取り組みについて取材したほか、門川大作市長へのインタビューを行いました。

 門川市長は、「千年の都・京都には歴史・文化が集積しており、モノづくりも伝統的なものからマンガ、IPSなど最先端なものまで多彩」と、京都市の魅力を紹介。特派員から今回の取材テーマであるマンガ・アニメ文化について聞かれると、マンガ・アニメ文化を活用した地域振興には、人材育成、産業化、情報発信等が重要と述べ、中でも京都の地場産業とマンガ・アニメコンテンツのコラボレーションの重要性を強調しました。
 
 プレスツアー直後、イタリアのIl Sole 24 Ore(経済新聞)が「京都国際マンガ・アニメフェア」についてネット版で記事を掲出したほか、中国、台湾の新聞などが近日中に取材にもとづく特集記事を掲載する予定です。


 
image
門川大作市長インタビュー
image
清水焼取材
image
京都国際マンガ・アニメフェア取材