国際観光プロモーション事業紹介

フィリピンの旅行会社を対象としたファムトリップを実施


 6月12日から16日までフィリピン・マニラ首都圏にある旅行会社9社を招へいし、ファムトリップを実施しました。フィリピンからの訪日旅行者の主力層である富裕層と上位中間層の嗜好に合う関西の文化・食・観光素材を総合的に視察・体験してもらい、旅行商品の開発・造成に繋げてもらうことを目的としたもので、関西各地(大阪、滋賀、福井、京都)の魅力を紹介しました。
 特に福井県越前でのそば打ちや紙漉き体験では、参加者全員が初体験だったにもかかわらず、興味深げに、また、熱心に取り組まれ、日本側の講師もその順応の早さと手先の器用さに驚く程でした。また、行程中、大阪、福井、滋賀で行われた地元観光関連事業者との商談会でも活発な意見交換が行われ、“ゴールデンルート”以外の新たな観光ルートの提案や観光素材について情報発信を行うことができました。
 当財団では今回の事業のフォローを行うとともに、引き続き、フィリピンから関西地域への誘客に向けたプロモーション・マーケティング活動を行ってまいります。


 
image
そば打ち体験(福井・越前)
image
和紙紙漉き体験(福井・越前)
image
地元事業者との商談会(大阪)