国際観光プロモーション事業紹介

「ALL 関西 FESTIVAL in バンコク 2013」 で関西の魅力をアピール

 
 当財団では10月17日から27日まで伊勢丹バンコク店で開催された「ALL 関西 FESTIVAL in バンコク 2013」の一部に参加し、関西のPRを行いました。「ALL 関西 FESTIVAL in バンコク」は、関西の「食」と「文化」をタイの人びとに紹介することを目的に2011年にスタートしたイベントで、今年で3回目となります。
 今回、伊勢丹バンコク店5階では、「関西うまいもん物産展」と称し、大阪のたこ焼き、京都のラーメンの実演販売のほか、滋賀の近江牛、兵庫のそうめんなどが販売され、多くの人たちが関西の美食を体験したり買い求めたりしていました。6階「関西文化訴求コーナー」では、イベント期間中の毎週末にステージイベントが実施され、当財団は、関西を紹介するDVDの上映や関西にちなんだクイズ問答を実施して来場者に関西の魅力を紹介しました。大阪府や滋賀県も観光PRを行い、また、京都を本拠地として活動する言葉を使わずにアクションや音楽だけでストーリーを展開する「GEAR」のパフォーマンス、南京玉すだれショーなどが行なわれました。今宮戎の福娘や関西のゆるキャラも登場し、まさに“関西一色”の構成で来場者にお楽しみいただきました。
 
写真左:伊勢丹バンコク店、写真中:関西の食 実演販売、写真右:ステージイベント
 
image
image
image