国際観光プロモーション事業紹介

中国メディアを対象としたファムトリップの実施 –1

 
 8月5日から6日間の日程で中国・上海の「全日本」編集担当者4名を招へいしてファムトリップを実施しました。「全日本」は3ヶ月に1度、月刊雑誌「外灘画報」の特別版として中国国内で80万部同梱発行されるもので日本の「今」を伝える冊子として定評があります。

 今回の取材テーマは「関西の食」。京都、大阪、滋賀、福井で食の素材とそれらを育む自然環境、食文化について取材しました。中でも編集者らは滋賀県米原市の梅花藻とビワマスが生息する地蔵川界隈の美しい水環境と日本の里山の原風景に高い関心を寄せていました。また、全国各地の食材が、福井、滋賀、京都を結ぶ「鯖街道」を経て古都・京都に伝わり懐石料理や京菓子へと昇華したという説明にも熱心に耳を傾けて取材していました。大阪と滋賀では日本酒の酒蔵を訪問し、蔵元から日本酒と日本食文化について、酒造りに対する熱い思いなどを聞きました。(写真:滋賀県での取材の様子 )

  関西各所での取材にもとづく記事は20頁の特集冊子にまとめられ10月中旬に発行される予定です。

 
image
image