国際観光プロモーション事業紹介

台湾・トランスアジア航空 タイ発台北経由、関西へのフライトを活用した関西周遊旅行提案!

 
 タイにおける日本ブームに加え、今年7月1日から開始された短期滞在を目的としたタイ人に対する査証の免除措置により同国からの訪日旅行者数が大幅に増加しています。既存のフライトの座席確保が厳しい状況にある中、昨年より日本に就航した台湾の航空会社、トランスアジア航空(復興航空)が増加するタイからの訪日旅行客に着目。同社のタイ発、台北経由(往路台北1泊)日本・関西行きフライトの利用をタイの旅行会社に提案しています。

 関西地域振興財団とトランスアジア航空では、このたび、同フライトを活用した関西周遊旅行の企画を促すべく、タイの旅行会社とメディアを関西地域へ招へいし、関西各地をご案内するファムトリップを実施しました。旅程には、京阪神の主要観光地のほか、タイでも人気のあるアニメ「一休さん」のモデル・一休禅師の寺や京都府北部の天橋立や地方のショッピングセンターなども組み込みました。

 参加者の大半にとって関西への訪問は初めてだったようですが、関西の歴史・文化、観光素材に感動する姿が多く見られました。今回のファムトリップを機に参加各社が関西周遊商品を企画・販売し、より多くのタイのかたに関西へお越しいただきたいと思っております。 

 
image