国際観光プロモーション事業紹介

マレーシア国際旅行フェア 「MATTA Fair Kuala Lumpur 2013」 出展

 
 関西地域振興財団では、9月6日から8日まで、マレーシア・クアラルンプールで開催されたマレーシア国際旅行フェア「MATTA Fair Kuala Lumpur 2013」に大阪観光局やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などと連携してブースを出展し、関西の観光の魅力をPRしました。

 MATTA FAIR は、マレーシア全国旅行業協会(Malaysian Association of Tour and Travel Agents=MATTA)が主催する一般旅行者向けの国際旅行フェアで、マレーシア国内の主要都市で年間を通じ開催されています。中でも、例年3 月と9 月頃に首都クアラルンプールで開催されるものは、マレーシア最大規模とされており、旅行会社主催のパッケージツアーや航空券の販売、各国・地域政府観光局による宣伝等が行われます。
 今回は会場内のブースの立地条件も良く、例年の2倍以上の人がブースを訪問しました。会場内は連日盛況でマレーシアの人びとの海外旅行に対する積極的な姿勢をうかがい知ることができました。

 JNTOによると2012年のマレーシアからの訪日旅行者は13万人を超え、過去最高を記録しました。さらに今年7月からは短期滞在ビザが免除され、前年同期比25%増となっています。急速な経済成長に伴う旺盛な消費活動に加え、“ムスリム”市場やペナン、コタキナバル等地方都市の市場など、さらなる開拓・成長の期待が持てるマレーシア市場。当財団では引き続き積極的なプロモーション活動を展開してまいります。

 
image
image
image