関西各地のお知らせ

image
【2017.01.19】

「奈良大立山まつり」を開催します

奈良県内各地には、江戸時代の頃から「造りものを身代わりとして、厄を落とす」という風習があり、それを「立山」と呼んできました。その風習をもとに平成28年から新たな冬の風物詩として始まったのが「奈良大立...
[続きを読む]
image
【2017.01.19】

三重県総合博物館 第14回企画展 「植木等と昭和の時代」

三重県総合博物館(MieMu)では、三重県出身の昭和を代表するスター、植木等(うえきひとし)をテーマとする企画展を開催します。平成29年(2017年)は、植木等の生誕90年、没後10年という節目の年...
[続きを読む]
神戸市埋蔵文化財センター 歴史講演会のご案内
【2017.01.19】

神戸市埋蔵文化財センター 歴史講演会のご案内

神戸市埋蔵文化財センターでは、冬季企画展「昭和のくらし・昔のくらし11」にあわせて講演会を開催します。戦前・戦後と大きく移り変わった人々の生活スタイル、そのなかからファッションを通して見えてくる昭和...
[続きを読む]
image
【2017.01.19】

兵庫県立淡路夢舞台温室  奇跡の星の植物館 「特別展 淡路夢舞台ラン展2017」

「驚異のラン展―ランが誘うワンダーランド」をテーマとした、西日本最大規模のラン展。サルの顔に見えるラン、黒いラン、青いランなど珍しく貴重なランが勢揃い。広さ1,000平方メートル、高さ20メー...
[続きを読む]
image
【2017.01.19】

兵庫県立歴史博物館 特別展「人間国宝・桂米朝とその時代」

平成27年3月に亡くなった桂米朝さんは、戦後滅びかけていた上方落語の復興・発展に大きな足跡を残しました。さらに伝統芸能・大衆芸能への深い造詣をもとに、数多くの著作やマスコミ活動を通じて上方文化の称揚...
[続きを読む]
image
【2017.01.19】

「再発見!ニッポンの立体」展

三重県立美術館では、「再発見!ニッポンの立体」展を開催します。この展覧会では、日本における立体表現がどのように展開してきたのかを、従来の「彫刻」、「工芸」といったジャンルにとらわれることなく検...
[続きを読む]
image
【2017.01.19】

紀州みなべ 岩代大梅林

岩代大梅林では、約30haの広大な梅林に約2万本の梅の木が咲き誇り、まるで白いじゅうたんを敷き詰めたような美しい景色を見渡すことができます。あたり一面に咲き乱れる梅の花から漂う甘い香りが、訪れた...
[続きを読む]
image
【2017.01.12】

2017年「若草山焼き」を開催します

奈良のシンボル「若草山」を燃やし、古都奈良に早春を告げる「若草山焼き」。古くより続けられ、今では毎年1月第4土曜日に行われます。春日大社・東大寺・興福寺の神仏が習合し先人の鎮魂と慰霊、さらには奈良全...
[続きを読む]
image
【2017.01.12】

兵庫県立考古博物館 企画展「ひょうごの遺跡2017-調査研究速報-」

兵庫県が実施した発掘調査と出土整理から、最新の調査研究成果を一堂に公開します。平成27年度刊行の発掘調査報告書に掲載した遺跡と、平成28年度に発掘調査を行った遺跡から、弥生時代の方形周溝墓群が発見さ...
[続きを読む]
image
【2017.01.12】

昭和のくらし・昔のくらし11 ― みなと街神戸 ノスタルジ ―

約60年間続いた「昭和」は戦争をはさんで、政治・経済が変化し、戦後の電化製品などの普及により、人々の生活スタイルも大きく様変わりしました。そんなちょっと懐かしい昭和の「モノ」たちを集めてみました。...
[続きを読む]

バックナンバー