関西各地のお知らせ

伊勢型紙の技と模様

 伊勢型紙は、着物の柄や紋様の染織に用いる型紙で、起源は平安時代にさかのぼるといわれ、
    江戸時代に花開きました。19世紀中頃~後半に西洋の工芸・デザインにも影響を与えた
    精巧で緻密な技や図柄の芸術性が、近年再び見直され、国内外を問わず高く評価されてきています。
 伊勢型紙の技と紋様に焦点をあて、伊勢型紙の紋様の数々を紹介します。

【期間】  平成30年 3月15日(土)~ 平成30年 3月21日(水・祝)
           1月19日(月)休館

【時間】  9:00 ~ 17:00 (土・日・祝 ~19:00)
                       
【開催地】 三重県総合博物館(MieMu)
                   三重県津市一身田上津部田3060
          
       津駅(近鉄名古屋線、JR紀勢本線、伊勢鉄道)西口下車
                      バス 約5分(津駅西口1番のりばからご乗車ください) 
                      【89系統】総合文化センター行き「総合文化センター」下車すぐ
                      【89系統】夢が丘団地行き「総合文化センター前」下車すぐ
 
【料金】 無料
 
【問合せ先】 三重県総合博物館(MieMu)   TEL:059-228-2283
 
        E-mail   MieMu@pref.mie.jp           
                     URL     http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/
 
 
 
image