関西各地のお知らせ

企画展「わが町ふるさと・熊野市紀和町」

 奈良県と和歌山県に隣接する三重県熊野市紀和町は、北山川と熊野川が県境を成す自然豊かな町で、
   人口1,112人(平成29年11月1日現在)が暮らす熊野市最南の町です。
 この地域周辺には小さな鉱山が点在するため、奈良時代から採鉱がおこなわれており、
    今では観光の対象となり多くの人が訪れる丸山千枚田(日本の棚田百選)や赤木城跡(続日本百名城)の
    石積みの構造を見ると、採鉱の技術が大きく関与していたことが想定され、鉱山の歴史と人々の営みとの
    深いつながりをうかがい知ることができます。
 また、昭和初期より石原産業による大規模な採掘が行われるようになり、やがて鉱山の町として
    半世紀近くにわたり紀和町の経済と暮らしを支えました。
    最盛期の人口は1万人を超え、本拠地が置かれた板屋地区を中心に商業施設が建ち並び、町は活気に
    溢れましたが、昭和53年の鉱山の閉山と同時に急激に衰退の途を辿りました。
 現在、過疎化が進む紀和町では、鉱山の遺構や丸山千枚田、雄大な自然を観光資源とし、
    人が集まり住民が元気に暮らすための様々な取組を行っています。
    また山間部では、田畑を耕し、山や川の恵みいただく昔ながらの山里の暮らしが息づいています。
 本展では、鉱山の町として栄えた紀和町の歴史や住民の暮らしを中心に、紀和町の魅力を紹介します。

【期間】  平成30年 2月 3日(土)~ 平成30年 3月11日(日)
        
【時間】  9:00 ~ 17:00 
                       
【開催地】 三重県立熊野古道センター企画展示室
                   三重県尾鷲市向井12-4
          
       公共交通機関の場合…JR尾鷲駅より市バス約10分
                    お車の場合…紀勢自動車道 尾鷲北ICより約10分、
                                          または尾鷲熊野道路 尾鷲南ICより約10分
【料金】 無料
 
【その他】2月10日(土)赤木城や丸山千枚田を訪ねるツアー
     2月24日(土)鉱山の歴史に触れるツアーを開催します。
     ※詳しい内容や申込方法はお問合せください。
 
【問合せ先】 三重県立熊野古道センター   TEL:0597-25-2666
        E-mail    info@kumanokodocenter.com           
                     URL     http://www.kumanokodocenter.com/index.php
 
 
image