関西各地のお知らせ

特別展「鏨(たがね)の華 ―光村コレクションの刀装具―」

   刀装具とは刀剣外装(拵:こしらえ)の金具です。江戸時代以降に装飾性が増し、
   金属とは思えないほどのきらびやかで細密な作品が作られました。
 
   大阪生まれの実業家・光村利藻(みつむらとしも)(1877~1955)はそうした
   刀剣・刀装具の技術に魅せられて3,000点以上にのぼる一大コレクションを築き、
   刀装具の名品を集めた図録『鏨廼花(たがねのはな)』を刊行しました。
 
   その後コレクションは明治42年(1909)に光村の手を離れ、一括して
   初代根津嘉一郎(1860~1940)の蔵するところとなりました。
   現在も根津美術館(東京都)には約1,200点が伝わり、依然として我が国最大級の
   刀装具コレクションとなっています。
 
    今回の展覧会では、根津美術館所蔵の光村コレクションの作品を中心に、
    光村利藻の足跡と彼が魅せられた美の世界を、刀剣や絵画資料も交えた
    約200件の作品で紹介します。

 
 
image