関西各地のお知らせ

日本の甲冑・武器武具の世界~武家の装いを支えたモノづくりの伝統~

    日本の甲冑(鎧兜)は、戦いの装束であるばかりではなく、金工・漆工・染織などの技術を集成し、
    作り上げられた優れた美術工芸品でもあります。特に、戦乱の減った江戸時代には、一部の
    上級武士が象徴的に珍重し、様々な素材と高度に発達した技術の粋を駆使して製作していました。
 
 甲冑の製作技術は、日本の伝統技術の縮図ともいえるものであり、その斬新なデザインは
 「COOL JAPAN」として、世界各国から注目を集めています。武将たちの文化・美意識の象徴で
   ありながら、実戦にも適合した日本のモノづくりの素晴らしい技術が取り込まれた武具甲冑類を
   広く公開するとともに、その技術についてもご紹介します。


【期間】  平成30年 2月 3日(土)~ 平成30年 3月18日(日)
      月曜日(祝日の場合は翌平日)休館
 
【時間】  9:00 ~ 17:00 
                土、日、祝は19:00まで、入場は閉場30分前まで
           
【開催地】 三重県総合博物館 3階企画展示室
      三重県津市一身田上津部田3060 
          
            津駅 近鉄名古屋線、JR紀勢本線、伊勢鉄道)西口下車 バス 約5分
              (津駅西口1番のりばからご乗車ください) 
                           【89系統】総合文化センター行き「総合文化センター」下車すぐ
                           【89系統】夢が丘団地行き「総合文化センター前」下車すぐ
 
【料金】    無料
                   
【問合せ先】三重県総合博物館 TEL:059-228-2283 
                      E-mail:MieMu@pref.mie.jp           
                      URL   :http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/
 
 
image