関西各地のお知らせ

熊野古道自然学校「銚子川河口で冬鳥を見つけよう!」

 熊野古道周辺の自然や植物、生きものについて学ぶ熊野古道自然学校の第4回として、
    紀北町の銚子川河口で、野鳥の分類や生態について学ぶ観察会を開催します。
 紀伊半島は温暖多雨で、海岸近くまで山地が迫る地形が点在しており、
    生物の多様性がみられる地域です。
    約50年前に行われた、熊野灘沿岸一帯を対象とした自然科学調査では、44科150種の鳥類が
    確認されています。
 紀北町の沿岸部では、一年を通して、トビ、ミサゴ、ムクドリなどの留鳥の姿を見ることが
    出来ます。
    また、冬でも温暖なこの地域では、冬鳥の繁殖も多く確認されています。
 今回の自然学校では、紀北町銚子川河口で、この時期に訪れる、ツグミ、ジョウビタキ、
    シロハラなどの冬鳥を中心に、周辺に生息する野鳥の姿を観察します。
 日本野鳥の会三重支部所属の中井節二氏を講師に迎え、初心者でも気軽にご参加いただけるよう、
    バードウォッチングの基礎からご指導いただきます。
 野鳥の見つけ方やその生態について学びながら、野鳥を取り巻く地域の自然環境についても
    理解を深めていただければ幸いです。

【期間】  平成30年 1月13日(土)
 
【時間】  10:00~11:30  (9:00より現地にて受付)
             ※定員15名(要申込・応募多数の場合抽選)
 
【開催地】 銚子川河口(詳細は参加者へ別途、お知らせします。)
      紀北町
                  紀勢自動車道 海山ICより車で約5分
 
【料金】    500円(保険料・資料代込み)
   
【問合せ先】 三重県立熊野古道センター TEL:0597-25-2666
                       E-mail:info@kumanokodocenter.com           
                       URL   :http://www.kumanokodocenter.com/index.php
 
 
image