関西各地のお知らせ

モダニストの日本美 石元泰博「桂」の系譜

    米国に生まれ、日米で活躍した写真家、石元泰博(いしもと・やすひろ1921-2012)の代表作
  「桂離宮」のシリーズは、モダニストの視点で日本の古典建築を捉えた現代写真の金字塔と
    されています。
    日本の伝統の中に最先端のモダンな美を見出す、こうした視点は昭和初期からありました。
  本展では、欧米を巡回して好評を得た石元の「桂離宮」シリーズ50点とともに、日本的なものと
    モダニズムとの間に親近性を見出したアーティストやデザイナーたち、三岸好太郎、長谷川三郎、
    イサム・ノグチらの作品や資料を合わせて展示し、その系譜をたどります。

【期間】  平成30年 1月 4日(木)~ 平成30年 3月 4日(日)
        毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)休館
 
【時間】  9:30 ~ 17:00 (最終入館16:30)
                    
【開催地】 三重県立美術館企画展示室 
      三重県津市大谷町11  
 
                   津駅(近鉄・JR)西口より徒歩約10分または、 津駅西口1番のりばより
                   三重交通バス西団地循環、 津西ハイタウン行き(むつみ・つつじ経由)、
                   夢が丘団地行き(総合文化センター前経由)、
                   総合文化センター行き乗車2分、「美術館前」下車徒歩1分
 
【料金】  一般  900(700)円/学生700(500)円 ()内は20名以上の団体料金 
                    高校生以下無料  
 
 
【問合せ先】 三重県立美術館  
              TEL : 059-227-2100           
              URL : http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/
 
 
image