関西各地のお知らせ

神戸市埋蔵文化財センター 連続講座「こうべ考古学第5回」

 連続講座「こうべ考古学」基礎編 第5回 
    中世土器の拡がり 東播系須恵器と中世陶磁器たち
 
     考古資料で最もポピュラーな土器に焦点をあて、その見方やそれにかかわる文化を解説する
     連続講座「こうべ考古学」の第5回目。
     今回は、中世=平安時代後半から室町時代に舞台が移ります。平安時代後半から鎌倉時代
    にかけて神戸市西区神出町には“神出古窯跡群”(かんでこようしぐん)という一大やきもの
     産地がありました。
     この窯跡群と付近の窯跡で作られた製品は、考古学上“東播系須恵器”と呼ばれており、
     全国各地に流通していました。この東播系須恵器を中心に中世に流通した陶磁器の
     見方について判り易くお話しします。

 

【期間】   2017年11月18日(土曜日)14時から15時30分まで

【聴講料】  無料

【対象】   先着120名、当日受付

【開催地】  神戸市西区糀台6-1西神中央公園内

【アクセス】 市営地下鉄三宮から西神中央まで約30分
       神姫バス明石駅から西神中央駅まで約35分
       各線西神中央駅から徒歩8分

 
【問い合せ先】神戸市埋蔵文化財センター
       電話:078-992-0656
       URL:http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/center/