関西各地のお知らせ

福井県立歴史博物館 特別展

    「白山開山1300年記念 泰澄―白山信仰における意義を探る―」    

    福井・石川・岐阜の3県にまたがる白山。ひときわ高く、厳かなそのすがたから、
    神そのものとして、あるいは神々の住まう地として崇められてきました。
    そこにはじめて足を踏み入れ、白山を修行の地として開いたと伝えられるのが、
    越前の僧・泰澄です。
    泰澄が白山に登頂し、そこに住まう神々と対面した(「白山開山」)とされる
    養老元年(717)から今年でちょうど1300年になることを記念して、
    泰澄の事蹟とその意義について考えます。
    泰澄の生涯が編年体で克明に記された『泰澄和尚伝記(たいちょうかしょうでんき)』
    という書物があります。
    今回の展示ではこの『伝記』を読み解き、そこに描かれた泰澄に迫ります。
   『伝記』の泰澄のエピソードを、白山垂迹曼荼羅図(はくさんすいじゃくまんだらず)
  (愛知県神光寺蔵)や 行基菩薩像(ぎょうきぼさつぞう)(大阪府堺市博物館蔵)などの
    資料とともに紹介します。
   『伝記』からは、白山信仰の本流である平泉寺、そして白山信仰圏内から独自の地位を
    主張した越知山大谷寺という、2つの寺院が浮かび上がってきます。
    これらの寺院の関係性や、かつての姿にも迫ります。
    さらに、『伝記』には描かれていない泰澄のすがたと、広がる泰澄信仰の一端を、
    若狭随一の山岳霊場である青葉山中山寺を例に紹介します。
  「泰澄」をキーワードに、改めて白山信仰について考える特別展です。

【期間】  平成29年10月21日(土)~ 平成29年11月26日(日)
           11/8(水)、11/22(水)休館
 
【時間】 9:00 ~ 17:00(最終入館 16:30)
                                               
 
【開催地】 福井県立歴史博物館
                    福井県福井市大宮2-19-15
 
                車:北陸自動車道 福井北インターから西へ約15分(駐車場あり)
               JR福井駅より
              タクシー:約10分
              京福バス:福井駅西口広場バスターミナルから
               「丸岡線 田原町経由」幾久公園下車
               「大和田エコライン」県立歴史博物館前下車
              コミュニティバスすまいる:福井駅西口広場バスターミナルから
          「田原・文京方面」宮前町下車
              えちぜん鉄道:「三国芦原線」西別院駅下車 徒歩10分
              福井鉄道:田原町駅下車 徒歩15分
 
 
【料金】   一般:500円
                      大学・高校生340円、小中学生250円、70歳以上の方250円
 
                    *20名以上の団体は2割引
                 *身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は、
                       手帳の提示で、本人およびその介護者1名は半額 
 
【その他】   関連イベント
            10月22日(日) 14時~15時  展示説明会
            10月29日(日) 14時~15時30分 キッズミュージアム
                                             「懸仏(かけぼとけ)をつくろう!」
            11月18日(土) 14時~15時30分 ふくい歴博講座4
                                              「『泰澄和尚伝記』の泰澄・『伝記』以外の泰澄」
            11月19日(日) 「泰澄に捧げる茶会」
            10月21日(土)~12月12日(火) 写真展「白山周辺のまつり」 
 
 
【問合せ先】 福井県立歴史博物館 TEL:0776-22-4675 FAX:0776-22-4694
             E-mail     history-museum@pref.fukui.lg.jp
             URL        http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

 
 
image
image
 
 
 白山開山1300年記念特別展ポスター