関西各地のお知らせ

特別展「災いはモノノケとともに―病気から天変地異まで-」

    斎宮歴史博物館の秋の特別展は、科学が未発達な時代に、時や場所を選ばず、世間を騒がせる不可思議な
    出来事に恐れおののく人たちが、災いという不安と恐怖の中に何を見いだし、どのようにして避けようと
    していたのかについて注目しました。
 コロリ(コレラ)の原因と思われていた怪物の姿が描かれている「コレラ獣全図」や、
    文政三年に「姫魚」という怪魚が肥前国(長崎県)平戸に現れ、豊年やコレラの流行などの予言をした
    という様子が描かれた  「肥前国平戸において姫魚龍宮より御使なり」など、疫病神とされる怪物の姿や
    その対処法などを文献や刷り物などで紹介します。
 
    21世紀に生きる私たちは、病気や災害などは何が原因で、どう対処すれば良いかを知っていると
    思っていますが、本当に、そうなのでしょうか。
    今回の特別展で、災いを避けるために神や仏の加護に頼るしかなかった昔の人々の姿を垣間見ることで、
    私たちの不可思議な出来事に対する捉え方や考え方を見つめ直すきっかけになれば幸いです。

【期間】  平成29年10月7日(火)~ 平成29年11月12日(日)
         ※月曜(祝日の場合は翌日)休館 
 
【時間】  9:30~17:00(入館は16:30まで)
                                               
 
【開催地】 斎宮歴史博物館
                   三重県多気郡明和町竹川503
             
     ・近鉄斎宮駅より徒歩15分
                  ・伊勢自動車道玉城ICより車で20分
                  ・松阪・伊勢市街より車で約30分
 
【料金】   400円/常設展とセット割引料金あり
       大学生260円、高校生以下無料/常設展とセット割引料金あり
 
【問合せ先】 斎宮歴史博物館 0596-52-3800
                       E-mail  saiku@pref.mie.jp            
                       URL     http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/
 
 
 
image
image
image