関西各地のお知らせ

「青銅の鐸と武器-弥生時代の交流-」

    兵庫県立考古博物館では、平成29年10月7日(土)から11月26日(日)まで、
   「青銅の鐸と武器-弥生時代の交流-」を開催します。
   「交流」というキーワードは兵庫県立考古博物館の展示テーマのひとつであるだけではなく、
    県内外の博物館との連携を表す言葉であり、来館された人々と展示や体験を通しての交わりを
    示す言葉でもあります。
    開館10周年を迎え、当館はこれまでの歩みを振り返る意味で「交流」をキーワードに
    春季と秋季の特別展を企画しています。
    秋の特別展では淡路島で発見された銅鐸を基軸に弥生時代の青銅器に焦点をあてました。
    新たに発見された松帆銅鐸やその同笵関係にある銅鐸、さらに鋳型などの鋳造関係資料から
    弥生時代の地域間の交流に迫ります。

【期間】  平成29年10月7日(土)~ 平成29年11月26日(日)
      ※休館日 月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は開館、翌日平日休館) 
 
【時間】  9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
                                            
【開催地】 兵庫県立考古博物館
                   兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
             
       JR土山駅から「であいのみち」を徒歩15分
       山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分
 
【観覧料】        一般500円(400)、大学生400円(300)       
          高校生以下無料
      
                    ※(  )は20人以上の団体料金
          ※障害者手帳提示で本人は半額、介護者1名無料
          ※70歳以上の方は大人料金の半額
 
 
【問合せ先】 兵庫県立考古博物館 079-437-5589
                       URL:http://www.hyogo-koukohaku.jp/
 
image
image