関西各地のお知らせ

歴史文化講座「藤原道長~望月の歌から一千年~」Vol.2

   「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」は、
     寛仁2年(1018年)10月16日夜 道長邸(当館西300m)で読まれました。
     これを藤原実資(さねすけ)が自身の日記「小祐記」に記しています。それから間もなく1000年。
    3つの講演と千年を振り返る「道長の月」をお楽しみください。
 
    ◆講演Ⅰ「権力者道長」古瀬 奈津子〈お茶の水女子大学教授〉
       圧倒的な権力を把握した道長の望月の歌から一千年。摂関政治とは何か、
       そして権力の背景に何があったか。
     「御堂関白記」「小右記」などを辿り探る。
 
    ◆講演Ⅱ「枕草子のたくらみ」山本 淳子〈京都学園大学教授〉
        なぜ道長を恐れさせ、紫式部を苛立たせたのか? そもそもなぜ「春はあけぼの」なのか?
        清少納言が書かざるを得なかったその理由を千年を経て解き明かす。
 
    ◆講演Ⅲ「月を愛でる」大森 正夫〈嵯峨美術大学大学院教授〉
        平安時代、都人はどのように月を鑑賞したか。京都盆地を地形学的にとらえつつ、
        古来日本人はどのように月を愛でてきたのか?目からウロコの斬新な視点から解明する。

【期間】  平成29年11月 3日(金・祝)
 
【時間】  14:00 ~ 17:30(予定) 30分前開場
                                            
【開催地】 京都府立文化芸術会館 ホール 
                   京都市上京区寺町通広小路下る東桜町1
 
                    ●JR京都駅より市バス[A2]のりばより4,17,205,で約25分
                    ●阪急河原町駅より 市バス 3,4,17,205で約10分
                    ●京阪 三条京阪より 市バス 37,59で約10分
                     いずれも「府立医大病院前」で下車。
 
【料金】   前売   1,500円 当日 1700円 
                  学生   1,200円均一(要学生証)
 
【問合せ先】 京都文化博物館 075-222-0888
                       URL:http://www.bunpaku.or.jp
 
 
image