関西各地のお知らせ

稲むらの火祭り

    安政元年(1854)の大地震の折、大津波が広村(現広川町)を襲いました。
    その時、村人を助けるために稲むらに火を放ち、この火を目印にして、村人を
    安全な場所に避難させて救ったのが濱口梧陵です。
    稲むらの火祭りは、その濱口梧陵の功績を称えるとともに、防災意識を高めるために
    開催されています。
 
    火祭りの一番の見どころは、「稲むらの火」広場で式典を行った後に行われる松明行列です。
    行列は広場を出発し、大津波の際に避難場所となった広八幡神社に向かいます。
    夕闇の中を進む松明行列は壮観です。
    ぜひお越しください。

【期間】  平成29年10月21日(土)

【時間】  16:00 ~                                          
 
【開催地】 広川町役場前「稲むらの火」広場から広八幡神社の間 
        JRきのくに線 湯浅駅から徒歩約15分
         
【問合せ先】稲むらの火祭り実行委員会  0737-63-6283
 
image