関西各地のお知らせ

トピック展示「くらしの道具~いま・むかし~」

 三重県総合博物館(MieMu)では、小学3・4年生のみなさんが社会科の授業で“昔の道具”を学習するこの時期に、おもに昭和のはじめ頃から現在にかけて、身近に使われてきた道具を紹介するトピック展示を開催します。
 くらしのなかで使われてきた道具には、現在も受け継がれているものがある一方、今では使われなくなった懐かしい道具もあります。長い間大切に使われてきた道具をじっくり見てみると、ものを大切にする心や、ものに込められた知恵や工夫を感じとることができます。
 本展では、家の中で使用されてきた道具について、台所・居間・寝室・便所と、その道具が使われてきた場所ごとに紹介した後、宮川流域における川漁で使われてきた道具に焦点を当てます。なお、漁具の展示については、NPO法人 大杉谷自然学校が平成26年度から調査をしてきた成果を紹介します。
 本展は、小学3・4年生のみなさんが教科書にのっている道具を実際に見て、理解を深めていただける内容です。ご家族でご来館いただいた際には、おじいさんやおばあさんの経験をお孫さんに伝えるなど、ご家庭での学びや会話のきっかけとしてもご活用ください。
       
[主催] 三重県総合博物館(MieMu)
[共催] NPO法人 大杉谷自然学校
[後援] 三重県博物館協会
 
◆会        場:三重県総合博物館(MieMu)2階 交流展示室(三重県津市一身田上津部田3060)
◆開会期間:2017年1月14日(土)~3月5日(日)
                      月曜日休館、祝日の場合は開館し翌日休館
◆開催時間:午前9時~午後5時(土日祝は午後7時まで)
                      (最終入場は閉場の30分前まで)
◆観  覧  料:無料

 
image
台所の道具
 
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060
問い合わせ先 : 三重県総合博物館(MieMu)
電話/E-mail 059-228-2283
URL http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/