関西各地のお知らせ

~ユネスコ無形文化遺産に登録~滋賀・びわ湖「長浜曳山まつり」

滋賀・びわ湖「長浜曳山まつり」

 日本三大山車祭の一つで、国の重要無形民俗文化財に指定されている「長浜曳山まつり」は、4月に滋賀・びわ湖で行われるお祭りです。
 2016年12月1日には、この長浜曳山まつりを含む全国32の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
 
 今からおよそ400年以上前の安土桃山時代、日本有数の武将 豊臣秀吉が、初めての男子誕生を祝って城下の人々に振る舞った金(きん)をもとに、町民が山車を作ったのが、このお祭りの始まりといわれています。
 長浜の発展に伴い、各山組は競って曳山を改造し、装飾に豪華な毛織物を用いるなどの贅を尽くしました。現存する曳山の多くはその頃に作られたものです。
 舞台では、祭最大の呼び物「子ども歌舞伎」が5歳から12歳くらいの男の子によって演じられ、大人顔負けの熱演は見物客の拍手喝采を浴びています。
 祭は4月9日に始まって、12日までの4日間は若衆による勇壮な裸参りが行われます。また、子ども役者が演じる人物になりきって練り歩く14日の「役者夕渡り」も見ものです。さらに、15日の夜には御旅所に提灯を灯した曳山が並びますが、今年はユネスコ無形文化遺産への登録を記念して、特別に13山が勢ぞろいします。
 
 世界が認めた、継承の魂が息づく豪華絢爛な曳山と子ども歌舞伎を、ぜひ、桜が美しい4月の滋賀・びわ湖でお楽しみください。
 
開催概要
■ 開 催 日:4月13日、14日、15日、16日(一連の行事は9日~17日)
■ 開 催 地:滋賀県長浜市街地一帯
■ アクセス:JR琵琶湖線 長浜駅 徒歩 10 分 

 
image
image
image
 
問い合わせ先 : 長浜市観光振興課
電話/E-mail 0749-65-6521
関連リンク 滋賀県観光情報