関西各地のお知らせ

開館10周年記念企画展「熊野古道センター10年の歩み」

 三重県立熊野古道センターは、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されたことを受け、三重県を通る熊野古道伊勢路の拠点となる施設として2007年に尾鷲市に建設され、2017年2月10日で開館10周年を迎えます。これを記念して、当センター10年の歩みを紹介する企画展を開催します。
 当センターでは開館以来、熊野古道伊勢路やその周辺の自然や歴史、文化に関する展示の他、体験教室や講演会などの事業を通して、地域の方々との交流を深めてきました。そして、2015年12月には来館者100万人を達成することができました。
 本展ではこれまで来館していただいたお客様への感謝と、10年間の活動の回顧と集成を目的に、これまでに開催した企画展をはじめとする様々な事業について、パネルや写真、映像等で紹介します。
 今回の企画展を当センターの活動を知っていただく機会とし、今後も多くの方に利用していただける施設をめざします。
 また、開催期間中には、座談会及び講演会を開催いたします。どちらも無料ですので、興味のある方は、ぜひご来場ください。
 
①座談会「若い世代に伝えたい、地域の宝としての熊野古道」
    世界遺産に登録される前から熊野古道を歩き、現在も語り部として活躍する案内のスペシャリスト
       たちによる談議から、これからの熊野古道について考えます。
       日 時:2017年1月8日(日)午後1時30分~午後3時

②講演会「熊野古道の神々と仏たち」
     紀伊山地の豊かな自然から生まれた自然信仰は、仏教と結びつき多神教へと変化しました。
        日本信仰の歴史について、「熊野古道の神々と仏たち」をテーマに、熊野三山の一つ、
        那智山(なちさん)を例に解説します。
        日 時:2017年2月5日(日)午後1時30分~午後3時
 
開催概要
■ 開催日時:2016年12月17日(土) ~ 2017年2月26日(日) ※12月31日、1月1日休館
■ 開館時間:午前9時~午後5時
■ 入  場  料:無料
■ 開催場所:三重県立熊野古道センター 企画展示室
         (〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4)
■ 主  催:三重県立熊野古道センター

 
image
 
 
 「10年の歩み」チラシ
 
問い合わせ先 : 三重県立熊野古道センター
電話/E-mail 0597-25-2666
URL http://www.kumanokodocenter.com/