関西各地のお知らせ

特別展「唐画(からえ)もん-武禅に閬苑、若冲も」

唐画(からえ)もん-武禅に閬苑、若冲も

 江戸時代中期の大坂や京都では、個性的な作風で人気を得た絵師が活躍しました。近年人気の高い伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)はよく知られていますが、同時代の大坂で活動した絵師はあまり知られているとはいえません。なかでも、墨江武禅(すみのえぶぜん1734~1806)や林閬苑(はやしろうえん生没年不詳、1770~80年頃に活動)は、当時の流行であった中国絵画を学んだ「唐画師」として独自の表現を追求し、大坂でも有数の絵師として人気がありました。
 本展覧会では、中国の絵画に憧れ、描いた人々を、親しみを込めて「唐画もん」と名付けました。なかでも優れた手腕をもって活躍した武禅と閬苑の二人に焦点を当て、彼らの画業とともに、同時代の大坂や京都で活躍した個性派の絵師たちも紹介します。

開催概要
開催期間:2015年10月31日(土)~12月13日(日)
開催会場:大阪歴史博物館 6階 特別展示室
開催時間:午前9時30分~午後5時(会期中の金曜日は午後8時まで)
     ただし、入館は閉館の30分前まで
休 館 日:火曜日休館 ※11月3日(火・祝)は開館、11月4日(水)は休館
料 金:大人1,000円、高校生・大学生800円、中学生以下無料
交通機関:地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅②号・⑨号出口
     大阪市営バス「馬場町」バス停前

 
image
美人図(部分) 墨江武禅筆
個人蔵
 
関連リンク 公式サイト