関西各地のお知らせ

体を切らないがん治療 福井県立病院陽子線がん治療センター

 福井県立病院陽子線がん治療センターは、平成23年3月に日本海側初の陽子線治療施設として開設した施設で、体を切らずにがんを治す先進の「陽子線治療」を受けることができる。陽子線治療は放射線治療の一種であり、がん病巣の深さや形に合わせて線量を調整できるので、一人ひとりに合った治療が可能。
 JR福井駅から車で10分の場所にあり、交通の便も良いことから、県内だけでなく北陸、関西など県外からの利用者も増加している。
 また、治療に要する時間も30分程度のため、通院での治療も可能である。

○陽子線がん治療の特長
 ・がん病巣に集中して照射できるため、高い治療効果を実現できるとともに、正常組織への障害が少ない
 ・体の機能や形が損なわれることが少ない
 ・放射線の影響を受けやすい器官の近くにある病巣に対しても治療が可能
 ・手術と比較して体にかかる負担も少ないため、高齢の方にも優しい治療法
 ・体に係る負担も少なく治療できるため、勤務しながら治療できる

○対象となるがん
  病巣の位置がはっきりしている固形のがん
   (頭頸部(鼻、顔面、のど等)、肺、肝臓、前立腺)

 
image
センター外観
 
問い合わせ先 : 福井県立病院陽子線がん治療センター
電話/E-mail 0776-57-2981
URL http://info.pref.fukui.jp/imu/fph/youshisen/index.html