関西各地のお知らせ

日本初本格的LCC専用ターミナルオープン

 2012年10月28日(日)LCCのビジネスモデルに対応した本格的なLCC専用ターミナルビル「第2ターミナルビル(T2)」がオープンした。
 床面積は約3万平方メートルの平屋(一部2階建て)の鉄骨造で、駐機場は合計9スポット。搭乗橋はなく、お客様は搭乗ゲートから航空機まで徒歩で移動。T2内では24時間営業の店舗も含め、飲食・物販等17の商業施設が営業する。

 T2整備の基本コンセプトは、一つめは「安全安心」。セキュリティや運用の安全確保を確実に実施する。二つめは「機能性」。LCCの特徴である高稼働を支える高い機能性を持ったターミナルビルをめざし、設計段階から航空会社と綿密な意見交換を行い、さまざまな工夫を重ね、日本で初の拠点型LCCを成功させる機能を備えることが出来た。三つめは「経済性」。LCCの最大の武器である低運賃を安定的に実現できるよう、低コストオペレーションが可能なターミナルビルとした。国内線と国際線の機能を一体的に配置することでコンパクトな施設とし、簡素な構造の平屋建てとした。必要な上下移動は、エレベーターやエスカレーターを設置せずスロープによって移動する等、経済性を徹底的に追求した。また、お客様の利便性を損なわないことを前提にできるだけシンプルな整備とし、ターミナルビルの天井には天板を張らず、柱の装飾も必要最低限に抑えるなどの工夫を凝らした。

 T2へのアクセスは、自家用車で直接行く事ができ、それ以外のお客様については、1期空港島のエアロプラザから発着する無料連絡バスを利用。駐車場は、当初300台収容可能。また、空港リムジンバスも一部の便(梅田線、伊丹線、上本町線、神戸線、奈良線、京都線、泉北・河内長野線)については、T2まで延伸して運航する。

 
 
問い合わせ先 : 大阪府空港戦略室
電話/E-mail 06-6945-9900
URL ttp://www.kansai-airport.or.jp/index.asp