関西各地のお知らせ

先端医療のスーパークラスターとして伸展中-神戸ポートアイランド

 神戸市では、神戸ポートアイランドを中心に、先端医療技術の研究や開発を行う施設を整備して、21世紀の成長産業である医療関連産業の集積を図るプロジェクト「神戸医療産業都市構想」(写真)を進め、今年10月で丸12年を迎えた。
 この間、先端医療センターや理化学研究所発生・再生科学総合センターなどの中核施設の整備も順調に進み、現在では進出企業は187社、約3,700人の雇用が生まれている。
 また、07年に神戸ポートアイランドに立地が決定した、世界最高速をめざす国家プロジェクト「次世代スーパーコンピュータ」(京速コンピュータ「京(けい)」)は、今年9月よりコンピュータの搬入が始まり、12年の本格稼働を予定している。この稼働により、ライフサイエンス、ものづくり、防災といった様々な分野で、高度なシミュレーションが可能になり、本構想との連携により、創薬開発や医療技術の研究などが一層加速されることが期待される。(写真提供:理化学研究所)
 今後は、高度な専門医療サービスが提供できる専門病院を集積し、医薬品・医療機器などの新しい事業の機会を生み出すような医療関連企業などのさらなる集積を進め、世界のスーパークラスターを目指す。
 本構想への理解を広めるため、毎月1回、説明会を開催。11月20日(土)には普段見ることのできない施設の内部を見学できる「神戸医療産業都市構想施設一般公開」を開催する。ぜひ参加いただきたい。
 
image
image
 
問い合わせ先 : 神戸市企画調整局医療産業都市構想推進室
電話/E-mail 078-322-6319
URL http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/iryo/index.html