関西のイベント情報

マグリット展

(京都府 :美術展)

マグリット展
マグリット展

《ゴルコンダ》
1953年 油彩/カンヴァス 80×100.3cm
メニル・コレクション
The Menil Collection, Houston
Photo:© Rick Gardner, Houston
©Charly Herscovici/ADAGP,Paris, 2015
《空の鳥》
1966年 油彩/カンヴァス 68.5×48cm
ヒラリー&ウィルバー・ロス蔵
Hilary & Wilbur Ross
©Charly Herscovici/ADAGP,Paris,2015
©Photothèque R. Magritte
/BI,ADAGP,Paris/DNPartcom,2015
マグリット展

 20世紀美術を代表する芸術家、ルネ・マグリット(1898-1967)。言葉やイメージ、時間や重力といった、私たちの思考や行動を規定する“枠”を飛び超えてみせる独特の芸術世界は、シュルレアリスムの範囲にとどまらず、その後のアートやデザインにも大きな影響を与えました。日本でも1970年以降、マグリットの展覧会は何度か開かれてきましたが、今回は、2009年にオープンしたマグリット美術館(ブリュッセル)およびマグリット財団の全面的な協力を得て、世界10か国以上から約130点の代表作を集める大回顧展となります。マグリット芸術の変遷と魅力をたっぷりとご紹介する貴重な機会を、ぜひお見逃しなく。
期日 2015.07.11 - 2015.10.12  (このイベントは終了しています)
会場 京都市美術館(岡崎公園内)
場所 〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124
主催者 京都市美術館、ベルギー王立美術館、読売新聞社、MBS
問合せ先 ハローダイヤル(午前8時~午後10時)
050-5542-8600
備考 【開催概要】
■開館時間:
午前9時~午後5時(入館は閉館30分前まで)
※9月19日(土)、20日(日)は午後8時まで
■休館日:月曜日。ただし、7月20日、9月21日、10月12日は開館
■観覧料:
一般 1600(1400)円
大学・高校生 1100(900)円
中学・小学生 600(400)円

★前売券は5月16日(土)から7月10日(金)まで販売
※( )内は前売・20人以上の団体料金
※障害者手帳等をご提示の方は無料
※小・中学生は日曜、祝休日無料
※京都市美術館では6月16日(火)から9月27日(日)まで、「ルーヴル美術館展」を開催。
「マグリット展」の観覧券(半券可)を窓口でご提示いただくと、当日料金から200円引きでご入場いただけます。

【チケット販売所】
チケットぴあ(Pコード=766-741)、ローソンチケット(Lコード=53246)、イープラス、セブン-イレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス、CNプレイガイドほか

◆前売りペアチケット
料金(税込):2,600円(一般のみ)
チケットぴあ(セブン-イレブン、サークルKサンクス)【Pコード:766-741】のみで、5月16日(土)~6月15日(月)の期間限定販売。前売り料金より200円お得な2枚セット券で、1枚ずつでも使用できます。

◆「マグリット展×ルーヴル美術館展」前売りセット券 料金(税込)
一般セット券 2,600円
高校・大学生セット券 1,600円
小・中学生セット券 600円

6月16日(火)から9月27日(日)まで京都市美術館で開催される「ルーヴル美術館展」とのお得な前売りセット券。チケットぴあ(セブン-イレブン、サークルKサンクス)【Pコード:766-763】のみで、4月23日(木)~5月31日(日)の期間限定販売です。


【本展の見どころ】
1.20世紀美術の巨匠、13年ぶりの大回顧展
ルネ・マグリット(1898-1967)は、ベルギーの国民的画家であり、20世紀美術を代表する芸術家。言葉やイメージ、時間や重力といった、私たちの思考や行動を規定する“枠”を飛び超えてみせる独特の芸術世界は、その後のアートやデザインにも大きな影響を与え、日本でも高い人気を誇ります。日本におけるマグリットの展覧会は、1970年代以降何度か開かれてきましたが、本格的な回顧展は2002年以来13年ぶりとなります。

2. 2009年開館、「マグリット美術館」が全面協力
なぜ今、マグリット展が実現するのか?その重要な鍵を握るのは、2009年6月、ブリュッセルに開館した「マグリット美術館」です。ベルギー王立美術館が、マグリット財団とのパートナーシップのもと「マグリット美術館」をオープンさせたことを機に、新たなマグリット作品や資料が寄託・取得され、そのコレクションとアーカイブ、関係者とのネットワークはますます充実したものとなりました。本展は、王立美術館とマグリット財団の全面的な協力を得て実現される、日本で初めての展覧会なのです。

3. 世界各地の美術館・個人コレクションから約130作品が勢ぞろい。
本展は、王立美術館とマグリット財団の全面的な協力を得たことにより、ベルギー、日本をはじめとする世界10か国以上の美術館、個人所蔵家から代表作約130点が出品されます。通常は別コレクションに収蔵されている、同テーマの作品群を並べて展示することにより、画家の思考や創造の過程をたどることができるのも、特別展ならでは。初期から晩年まで、マグリット芸術の変遷と魅力をたっぷりと紹介します。

【関連イベント】
◆講演会(いずれも午後2時~午後3時30分)
7月11日(土)「マグリット―イメージのたくらみ」
講師:速水豊(兵庫県立美術館企画・学芸部門マネージャー)

8月2日(日)「絵画の不思議学ロマン派・象徴派からシュルレアリスムへ」
講師:潮江宏三(京都市美術館長)

9月6日(日)「絵画の不思議学日本のシュルレアリスムと幻想美術」
講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)

◆朝の解説講座(いずれも午前10時~11時)
7月12日(日)
7月19日(日)講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)
7月26日(日)
8月30日(日)講師:中原星登(京都市美術館学芸員)
※講演会、朝の解説講座の会場は京都市美術館講演室(定員80人)。参加無料。
ただし、本展観覧券(半券可)と当日各1時間前より正面玄関前で配布する整理券が必要です。
※講演会の演題は変更になる場合があります。

◆夜間開館特別企画マグリット展夜のギャラリートーク
9月19日(土)午後6時30分~7時30分講師:尾﨑眞人(京都市美術館学芸課長)
※本展展示室にて。参加無料。希望者多数の場合はご参加いただけない場合があります。

その他の関連イベントについては、決まり次第、公式ホームページ
http://magritte2015.jp/でご案内します。
交通 JR・近鉄「京都駅」前(A1のりば)から市バス5番岩倉行、(D1のりば)から市バス100番銀閣寺行、「岡崎公園美術館・平安神宮前」下車。
●阪急「烏丸駅」「河原町駅」、京阪「三条駅」から市バス5番岩倉行「岡崎公園美術館・平安神宮前」下車。
●地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩10分。
●京都市美術館には専用駐車場がございません。岡崎公園駐車場(有料)をご利用ください。
関連リンク 展覧会公式ホームページ

マグリット展 近隣地図

<< 一覧へ戻る