関西のイベント情報

講演とディスカッション「ドイツメディアの変化」 - デジタル時代のジャーナリズム -

(大阪府 :シンポジウム)

講演とディスカッション「ドイツメディアの変化」 - デジタル時代のジャーナリズム -
講演とディスカッション「ドイツメディアの変化」 - デジタル時代のジャーナリズム -

マルティン・デリー氏
開催日時 : 2014年9月10日(水)18:30~20:00(18:00 開場)
会  場 : 大阪市立中央図書館(大阪市西区北堀江)

講師:マルティン・デリー氏(ジャーナリスト、元「デア・シュピーゲル」誌副編集長)

 今年大阪市との友好都市提携25周年を迎えたハンブルグに本社を置くシュピーゲル出版が1923年より発行している「デア・シュピーゲル」誌は、ドイツの世論形成に積極的な役割を果たしており、時には雑誌そのものが重要な論争の対象となってきました。「デア・シュピーゲル」誌は長期にわたって社会的に最も大きい影響力を持ってきた週刊政治雑誌として重要な存在です。

 本講演では、デジタル革命がドイツのメディア市場と出版市場に対して持つ意味と、ジャーナリズムとその報道形態へ与える影響について、「デア・シュピーゲル」誌で長年にわたり副編集長をつとめたマルティン・デリー氏が語ります。
期日 2014.09.10 - 2014.09.10  (このイベントは終了しています)
会場 大阪市立中央図書館5階会議室
場所 〒550-0014 大阪市西区北堀江4-3-2
主催者 大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、ドイツ文化センター
問合せ先 ドイツ連邦共和国総領事館
06-6440-5070 info@osak.diplo.de(広報部 多田)
備考 司会:能登智彦(朝日新聞大阪本社 社会部兼地域報道部次長)
日独逐次通訳:松坂千也子
申し込み不要:参加無料
交通 地下鉄千日前線・長堀鶴見緑地線「西長堀駅」7番出口すぐ
関連情報(PDF) リーフレット

講演とディスカッション「ドイツメディアの変化」 - デジタル時代のジャーナリズム -  近隣地図

<< 一覧へ戻る