KANSAI Close-up

景気、経営者の6割が来春以降の回復予想、関経連調査

関西経済連合会が21日まとめた会員企業経営者を対象とした景況感調査によると10〜12月の国内景気は「よくなる」が20.8%と、「悪くなる」の5.2%を大きく上回り、景況感は若干改善。96年4〜6月期に「よくなる」が59.9%と大幅増加。96年度の業績では、売上高は73.7%の企業が95年度比で増加を予想。経常利益も56.2%が好転するとしており比較的明るい見通し。