KANSAI Close-up

冬の水都大阪は光のまち−水の回廊ライトアップ

大阪は、かつて縦横に開削された堀川に多くの橋が架かり、「水の都」と称された。現在も川で街を巡ることができ、川がロの字状になる「水の回廊」を有する世界でも稀な都市である。09年8月には、「川と生きる都市・大阪」をテーマに、水の回廊や中之島地域を中心に、水都大阪の魅力を再発見・発信する「水都大阪2009」が開催される。
 そのプレ事業として、江戸後期から明治初期の風景を描いた錦絵が飾られた土佐堀川の錦橋がライトアップ(イメージ図)されるほか、水の回廊の中心地大江橋下流の堂島川を照らす街河灯の点灯、さらに八軒家浜対岸の南天満公園の桜並木のライトアップを、12月13日より開始。また、堂島川に立つ高速道路の橋脚のライトアップや、御堂筋のイチョウ並木のイルミネーション装飾も12月にスタートする。

問合せ先:大阪府企画室
電話:06−6944−6602
URL: http://www.pref.osaka.jp/

 
image