KANSAI Close-up

在京外国特派員が福井で「ものづくり技術」を、大阪で「アジア女性経済人会議」などを取材

関西国際広報センター(KIPPO)はこのほど、東京駐在の外国特派員を対象に、福井と大阪でプレスツアーを実施。
 福井では、10月に世界トップレベルの「ものづくり技術」をテーマに、国内で約95%のシェアを誇る眼鏡産業や、手すき和紙として国内トップシェアを誇る越前和紙の産地の現状などを取材した。
 11月には、大阪府との共催で「アジア女性経済人会議」の日程(11月29・30日)にあわせ実施。アジア各国のバイタリティにあふれた女性経済人たちからのメッセージに聞き入った。大阪経済の最新事情としてダイキン工業(株)を訪問し、同社のグローバル戦略や環境保護の取組みなどについて聞いた。このほか戦後60年ぶりに復活した上方落語の定席・天満天神繁昌亭(大阪市北区)や隣接する日本一長い商店街・天神橋筋商店街を取材した。福井で7社7人(4カ国)、大阪で22社23人(10カ国・地域)の記者が参加した。