KANSAI Close-up

関西発の取り組みが評価 −「夏のエコスタイルキャンペーン」が環境大臣賞受賞

関西広域連携協議会(新宮康男・代表理事)は、1999年の同協議会設立以来、オフィスを摂氏28度の適正冷房温度に設定し軽装での執務を提唱する「夏のエコスタイルキャンペーン」を実施してきたが、このほど同キャンペーンが2005年度の「地球温暖化防止活動環境大臣賞」を受賞、12月15日、東京で授賞式が行われた。
全国に先駆けて同キャンペーンを関西(2府7県域)において官民連携で実施し、03年度からは中部や四国などの他地域にも働きかけ、同一ポスターを使用するなど連携して普及啓発活動を行ってきたことが評価された。同協議会によると、05年6月末現在で2,302の事業所がキャンペーンに参加しており、05年夏の調査では自治体と経済団体では適正冷房・軽装執務はほぼ100%の実施率。また抽出調査した民間事業所496件では、適正冷房が32%、軽装執務は35%の実施率といずれも前年を上回った。
問合せ先:関西広域連携協議会 
電話: 06−4803−5572
URL:http://www.kansai.gr.jp/kc/