KANSAI Close-up

ESCAP「アジア太平洋障害者の十年」最終年政府間会合を2002年10月に滋賀県で開催

タイ・バンコクで実施されていた国際連合アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)「第4回農村・都市における貧困緩和のための経済社会措置委員会」において、「アジア太平洋障害者の十年」最終年ハイレベル政府間会合を2002年10月25〜28日に滋賀県大津市で開くことが承認された。
バンコクに事務局本部を置くESCAPは、アジア太平洋地域の経済・社会開発を目的に、広範囲な分野での地域協力プロジェクトを遂行している国際機関で、現在61の国・地域が参加している。日本政府代表は今年4月のESCAP総会で、「アジア太平洋障害者の十年」最終年ハイレベル政府間会合の滋賀県開催を提唱。このほど、同会合の会場と日程が加盟メンバーによって承認された。大津での開催と日程は、来年5月の総会で正式決定される。