KANSAI Close-up

徳島・橘湾火力発電所2号機が営業運転開始 出力は国内最大

電源開発はこのほど、徳島県阿南市で建設を進めてきた橘湾火力発電所2号機の営業運転を開始した。同機は105万キロワットの出力を有し、先に営業運転を開始している1号機と並んで、石炭火力の単機出力としては国内最大となる。また、橘湾火力発電所の合計出力は210万キロワットとなり、営業運転中の石炭火力発電所としては、中部電力の碧南火力発電所と並んで国内最大。発生した電力は、西日本地域の広域電源として、関西電力、中国電力、九州電力、四国電力に供給される。