KANSAI Close-up

島津製作所が豪州と米国に大規模なたんぱく質解析センターを設立

島津製作所は、豪州バイオ企業のプロテオーム・システムズ社(PSL社)と共同で、豪州シドニーと米国ボストンに、大規模なたんぱく質解析センターを設立、たんぱく質機能解析事業を開始した。
このセンターでは、島津製作所の子会社が開発した最新鋭たんぱく質解析用質量分析計(MALDI-TOF-MASS)「AXIMA(アキシマ)-CFR」とPSL社の保有するゲル抽出技術をベースに、両者で共同開発中のサンプル前処理技術、さらにこれを発展させた「ケミカルプリンター」技術が中核要素となっている。これらの他に例を見ない先進的なバイオテクノロジーを駆使し、製薬や食品企業などから、たんぱく質機能解析依頼を受託するとともに、創薬に有用なたんぱく質解析に関する情報科学の構築などに取り組んでいく。