KANSAI Close-up

レーザー光の歪みを高精度で補正する技術を開発、日本原子力研究所光量子科学研究センター

関西文化学術研究都市にある日本原子力研究所関西研究所の光量子科学研究センター(京都府相楽郡木津町)は、レーザー光を集光する際に、媒質の熱により光が大きく歪む現象を補正する新たな技術を開発した。
レーザー光と物質の相互作用の研究のために必要な超高強度のレーザー光を得るためには、光を集光する技術が不可欠である。が、強いレーザー光はレーザー媒質が熱のために不均質となっているため、ビームが大きく歪み集光強度を高くすることができない。同研究所では歪みを補正する複合型ミラーを用いる実験に成功していたが、補正精度が悪い、装置が大型、価格が非常に高いなどの欠点があった。
今回開発した技術は、レーザー光の歪みを補正するため、それとは反対の歪みをもつ位相共役波と呼ばれるビームを発生させて歪みを打ち消す「位相共役鏡」を使ったもので、従来に比べ10分の1程度の小型の装置で、高出力のレーザーにも適応できる。
問い合わせ先:日本原子力研究所関西研究所 E-mail www-admin@www.jaeri.go.jp URL http://www.jaeri.go.jp/
 
image