KANSAI Close-up

友ヶ島灯台「恋する灯台」に-日本ロマンチスト協会ら

 和歌山市加太の友ヶ島灯台が、日本ロマンチスト協会(長崎県)と日本財団(東京都)が共同で実施しているプロジェクト「恋する灯台」に選ばれた。灯台を地域の観光資源として見直し海への関心を高めようと両団体が2016年度に初めて取り組んだプロジェクト。
 同協会は広告関係者や財界人、文化人を中心に全国で約1600人が所属。「恋する灯台」の選考は有識者による選考委員会が行い、「恋する気持ちを刺激する立地か」「辿り着く道のりが2人の心を近づけるか」「世界の果てを感じさせるか」などを基準に審査。全国約3千の灯台から20道県21灯台が選ばれた。
 友ヶ島灯台は、1872年(明治5年)建設の高さ約12mの洋式灯台で、登録有形文化財になっている。現在も紀淡海峡の道標として活躍しており、淡路島と対峙する姿は海と鮮やかなコントラストを描いている。また、島内は廃墟となった砲台跡などの要塞施設があり、アニメ映画「天空の城ラピュタ」の世界に似ていることから、注目を集めている。
 春と秋の年2回の公開日には、普段は見ることができない灯台の内部を見学、上部に登り、雄大な景色を楽しむことができる。

 
image
「恋する灯台」に選ばれた
友ヶ島灯台。
image
「天空の城ラピュタ」の雰囲気の廃墟となった砲台跡などの
要塞施設。
image
要塞施設
 
問い合わせ先 : 恋する灯台事務局(「恋する灯台」について)
URL http://romance-toudai.uminohi.jp/
問い合わせ先 : 和歌山市観光協会(和歌山市観光情報について)
電話/E-mail 073-433-8118
URL http://www.wakayamakanko.com/