KANSAI Close-up

ゲリラ豪雨、スパコン「京」活用で正確に予測-理研・大阪大ら

 理化学研究所計算科学研究機構(理研AICS)(神戸市)と情報通信研究機構(NICT)、大阪大学などの研究チームが、スーパーコンピューター(スパコン)の「京(けい)」と最新鋭気象レーダーの特性を生かしてゲリラ豪雨を予測できる手法を開発した。
 天気予報の根幹をなすのは、シミュレーションと実際の観測データを組み合わせる「データ同化」と呼ばれる手法。現在のスパコンを使った天気予報シミュレーションは、1時間ごとに新しい観測データを取り込んで更新し、解像度も1kmより粗い。このためわずか数分の間に急激に発生、発達してゲリラ豪雨をもたらす積乱雲の出現を予測することは困難だった。
 理研AICSデータ同化研究チームの三好建正(みよし・たけまさ)チームリーダーらは、NICTと大阪大学などが開発した最新鋭の「フェーズドアレイ気象レーダー」と理研のスパコン「京」から得られる膨大なデータを組み合わせることにより、30秒ごとに新しい観測データを取り込んで更新し、解像度も100mの「ビッグデータ同化」を実現させた。この手法を使い、実際のゲリラ豪雨の動きを詳細に再現することにも成功した。
 今後、同チームは実用化に向けて、データの転送や計算の高速化などの課題克服に取り組む。この手法をさら進化させることにより、将来、超高速かつ超高精細な天気予報につながり、天気予報に革命をもたらすことが期待される。

 
image
三好建正(みよし・たけまさ)
チームリーダー
image
2014年9月11日に神戸市で発生したゲリラ豪雨のフェーズドアレイ気象レーダーの実測データ 
image
解像度100mの「ビッグデータ同化」によるシミュレーション結果 =理化学研究所提供
 
問い合わせ先 : 理化学研究所 広報室
電話/E-mail 048-467-9272
URL http://www.aics.riken.jp/jp/
関連リンク 英文プレスリリース