KANSAI Close-up

大阪駅北側に巨大庭園「うめきたガーデン」開業-期間限定で

 JR大阪駅北側の再開発地域「うめきた2期区域」に、大規模な庭園「うめきたガーデン」が期間限定で開業した。開業期間は2017年3月20日まで。
 大都会の真ん中に開業した「花と緑のテーマパーク」は、7,500平方メートルの広大な敷地を、季節とともに移り変わる色とりどりの花々と多彩な季節の催事で彩り、訪れる人々を楽しませている。
 世界的に活躍する庭園デザイナーの石原和幸氏をメインガーデナーに起用。同氏が手掛ける「メインガーデン」は幅30メートルの大庭園。多種多様な植物の中を高さ約3メートルの2本の滝が流れる。大阪の未来が緑にあふれる姿になるようにとの願いを込めた。また、英国で毎年開催される「チェルシーフラワーショー」で同氏が今年度の最高賞を受賞した、車庫と庭が一体となった「千里千庭ガレージガーデン」も再現。
 会場内には、市民に参加してもらい花を植える「みんなの花畑」や壁面に植物を植え込んだ回廊「みどりの小径」などがある。飲食ブースとイベント広場を併設し、週末を中心に多彩なイベントを開催している。
 「うめきた2期区域」は2022年に街びらきの予定。2013年4月には、先行開発区域の1期区域に複合ビル群「グランフロント大阪」が開業している。

 
image
メインガーデンパース
(うめきたガーデン実行委員会 提供)
image
「千里千庭ガレージガーデン」(©2016石原和幸デザイン研究所) /
2016年度チェルシーフラワーショーで最高賞を受賞
image
市民も参加してつくる花畑のイメージ
(うめきたガーデン実行委員会 提供)
 
問い合わせ先 : 「うめきたガーデン」実行委員会
電話/E-mail 06-6633-2274
URL http://umekita-garden.com/