KANSAI Close-up

関経連など、外国人旅行者向け関西統一交通パスを創設

 関西経済連合会は、外国人旅行者向けの共通乗車券「関西ワンパス(KANSAI One Pass)(仮称)」を、2016年4月に試験導入する。関西広域の交通機関で利用できるほか、観光施設や商業施設の優待・割引などの特典も付いている。乗車券のカバーに印刷したコードをスマートフォンで読み取ると、英語や中国語、韓国語の観光情報を閲覧できる。
 関西地域は、交通インフラが高度に発達しているが、外国人旅行者にとっては、乗り継ぎや乗車券の購入方法が複雑でわかりにくくなっている。その改善策として、関西ワンパスを、JR西日本のIC乗車券「ICOCA(イコカ)」をベースに作成。1枚3000円で、JR西日本や関西の主要私鉄など9社をはじめ、ICOCAの利用エリア全域で使える。関西の交通機関の主要駅で、3万枚限定で販売する。1年間の試験導入を経て、利用実績などを分析し、本格導入に向けた検討を始める。
 関西ワンパスの導入は、関西の官民が一体となって推進している「関西広域観光戦略」の取り組みの一環で、関西の観光をより魅力的なものとして、外国人観光客の誘致により関西経済の底上げを図る。