KANSAI Close-up

新型の橋梁用免震装置を共同で開発、NIRO、川崎重工業など

新産業創造研究機構(NIRO)と川崎重工業などは、新型の橋梁構造物用「摩擦減衰型免震装置」を開発したと発表した。同装置は、橋桁と橋脚との間に金属製のすべり支承2つとゴム水平バネ1つを組み合わせて設置、橋桁の重量を支持する。地震時には橋桁が金属製のすべり支承の上を滑って地震力をかわすとともに、橋桁の水平方向への過剰な動きを同支承のすべり摩擦によって抑えることができ、従来の免震ゴム支承と比べ橋桁と橋脚のずれが約半分程度で収まる。また金属支承であるのでゴム支承のような長年使用による橋桁の鉛直方向への沈下がない。さらに、橋桁が元の位置からずれて止まった場合、同支承の中に設けられた水圧を利用したジャッキ機構で橋桁を浮かせ、ゴム水平バネの力だけで簡単に元の位置に戻せる。簡単な構造のためコストは従来型と同程度。