KANSAI Close-up

国内初、「生物多様性保全」経営で、融資優遇−滋賀銀行

滋賀銀行(大津市)は、生態系や種の保存など「生物多様性」の保全に配慮した経営に取り組む企業向けに貸出金利を優遇する制度を開始した。生物多様性の観点からの金利優遇は、国内初の取り組みという。
 経営方針や推進・管理体制、活動の内容、成果の公表状況など8指標について評価を行い100点満点で採点する。すでに同行は、05年に主に温室効果ガスの削減に取り組む企業を独自の基準で格付けし、最大で金利を0.5%優遇する融資制度「琵琶湖原則支援資金(PLB資金)」を設けている。今回の基準を満たせば0.1%引き下げられ、従来と合わせると最大で0.6%の金利引下げが可能となる。
 同行は、「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」が10年10月に名古屋市で開かれるのに伴い、取引先企業の環境対策を促すのが目的という。

問合せ先:滋賀銀行広報室
電話:077−521−2202
URL: http://www.shigagin.com/