KANSAI Close-up

[Columns]「地球の未来を京都から」、COP3成功へ向け京都市動く

気候変動に関する国際連合枠組条約第3回締約国会議(COP3)が、来年12月1日から12日まで京都市で開かれる。地球の生態系を狂わし、人類の生活基盤に悪影響を与えるとされる地球の温暖化。それを世界の国々が力を合わせて食い止めようというこの国際会議を成功させるために、京都市は今月1日、地球温暖化防止京都会議推進室を設置、京都府にも同様の組織が発足した。COP3は地球環境保全のための最重要の会議になる。温暖化の原因であるCO2の削減目標と対策を、2000年以降を含めて設定し、合意し、法的拘束力を持つ議定書を締結する。世界190ヵ国・地域から環境NGOも含め約5,000人以上の参加が見込まれる国際会議だ。桝本頼兼・京都市長は、このほど大阪で行った講演で「議定書が締結されれば、京都議定書と呼ばれ、京都の名が世界に、未来に伝えられよう。ぜひCOP3を成功させたい」と意気込みを披露した。