KANSAI Close-up

来春の香港/大阪帆船レース、18ヵ国・地域から60隻が参加

大阪市は12日、大阪港築港100周年を記念して来年3月から開く「SAIL OSAKA'97香港/大阪国際帆船レース」に、18の国と地域から計60隻の帆船が参加すると発表した。大型帆船のクラスAには、アルゼンチンの「リベルタ」、ロシアの「ナジェジュダ」、コロンビアの「グロリア」、ポーランドの「ダル・モジェジィ」、日本の「日本丸」など計11隻が参加。レースは来年3月28日に香港を出港、沖縄、鹿児島に寄港しながら大阪までの総距離約2,700キロを約1ヵ月かけて航行。4月29日には参加したすべての船が阪南港沖から大阪港までパレードする。