和歌山県

90
 
熊野本宮大社
【世界遺産】
 
     
 
熊野信仰の総本宮
熊野三山の一つとして、多くの人々から信仰を集める「熊野本宮大社」は、全国の熊野神社の総本宮であり、荘厳な社殿が佇む一大聖地。2004年に世界遺産に登録された。また、湯の峰温泉をはじめ、川の底から湯が湧き出る川湯温泉、渡瀬温泉の3温泉が集まる温泉郷でもある。
       
●時間/9:00~17:00
●休業日/無休  ●料金/境内無料、宝物殿300円  ●TEL/0735-42-0009
◆交通/JR 紀伊田辺駅、新宮駅からJRバス 本宮大社前下車すぐ
       
熊野本宮大社 ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

91
 
熊野那智大社 (那智の滝)
【世界遺産】 
 
     
 
那智の滝は落差日本一
全国的に有名な勝浦温泉の東北に位置する那智山は、熊野三山のひとつである熊野那智大社や那智山青岸渡寺(なちさんせいがんとじ)が建つ熊野信仰の聖地である。落差日本一といわれる那智の滝があり、那智山の原生林を切り裂いて流れ落ちる様は、神々しいほど。2004年に世界遺産に登録された。

       
●時間/8:30~16:30
●休業日/無休  ●料金/境内無料、宝物殿300円  ●TEL/0735-55-0321
◆交通/JR 那智駅から熊野交通バス 神社・お寺前駐車場下車徒歩15分
       
熊野那智大社 ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

121
 
明治の森箕面国定公園
 
 
     
 
古くから文人歌人にも愛された滝と渓谷美
関西屈指の名瀑。幅5m、落差33mもある壮大な箕面の滝のマイナスイオン効果とともに森林浴のダブル効果で自然が満喫できる。大阪梅田から40分の距離ながら、四季折々の風情が楽しめる。春の桜、冬の樹氷や氷柱、そしてとくに晩秋の紅葉がたいへん美しい。自然を満喫することができる。

明治の森箕面国定公園は、1967年(昭和42年)12月11日に国定公園に指定された。標高約100~600mの箕面市北部山地に広がる風光明媚な自然公園(国定公園)。そこは、およそ980種の植物と3,500種の昆虫、数多くの野鳥、哺乳動物、両生・爬虫類、魚類などの棲息する自然の宝庫である。当公園が東海自然歩道の終点(起点)である。
年間200万人以上が訪れる北摂屈指の観光地であり、公園に至る遊歩道「滝道」沿いにはレストラン、カフェ、旅館、土産物店がある。
 
       
●料金/無料  ●TEL/072-721-3014
◆交通/阪急箕面線 箕面駅下車 徒歩5分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する