奈良県

127
 
長谷寺
 
 
     
 
樹齢100年を超える大木のしだれ桜が、仁王門とともに参拝者を迎える。
686年、僧道明が天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を西の岡に安置したことが始まりという。平安時代には貴族、江戸時代には徳川家の崇敬を集め帰依を受けて栄えた。舞台造の本堂(国宝)は徳川家光による再建。仁王門を抜け、本堂へと続く登廊(重要文化財)は399段に渡る石段になっており、天井には楕円形の行灯が吊られている。樹齢100年を超える大木のしだれ桜が、仁王門とともに参拝者をお迎えします。

なお、西国三十三所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。
       
●時間/8:30~17:00(4月~9月)/9:00~17:00(10月~11月、3月)/9:00~16:30(12月~2月) ※牡丹まつり期間等時間延長あり
●料金/大人:500円/中・高校生:500円/小学生:250円  ●TEL/0744-47-7001
◆交通/近鉄大阪線長谷寺駅下車、徒歩15分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

134
 
洞川温泉
 
 
     
 
修験道の聖地大峯山の山懐に抱かれた秘湯
大峯山、龍泉寺、天河大弁財天社など役行者ゆかりの見所が多い。又、新緑から紅葉まで季節ごとに様々な表情を見せてくれるみたらい渓谷や大峰山麓の大自然を満喫できる遊歩道も整備されており、散策の後、疲れを癒すのに最適。
       
●TEL/0747-64-0333(洞川温泉観光協会)
◆交通/近鉄下市口からバス約70分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

136
 
奈良公園
 
 
     
 
公園内には多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在。年間を通じて日本国内のみならず外国からも多くの観光客が訪れる、日本を代表する観光地の一つ。
東西4km、南北2kmにおよぶ広大な都市公園。美しい芝生と樹齢1000年の松木立におおわれ、約1100頭の鹿が群れ遊んでいます。鹿の奈良公園も、実は種類が豊富な桜の名所。

若草山のふもとや、浮見堂周辺のほか、近くの興福寺や東大寺の境内にも、見事な桜が多数あります。
       
●TEL/0742-22-0375(奈良公園事務所)
◆交通/近鉄奈良駅から徒歩5~15分、また、JR奈良駅から市内循環バス
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

149
奈良県立美術館
江戸時代の絵画・版画コレクションを柱に所蔵
 葛飾北斎の浮世絵版画『江の島図』をはじめ、江戸時代の風俗をあらわす絵画、版画などを収めた吉川観方のコレクションが収集品の大きな柱である。

 この他、雪舟作と伝わる絵画、東洲斎写楽の役者絵版画などからなる由良コレクションや、1960年代の現代美術を中心とする大橋コレクションを収蔵。

 また奈良県ゆかりの作家の作品も充実している。

 中でも、県出身の近代陶芸作家、富本憲吉の『磁器赤地金銀彩羊歯模様蓋付飾壼』は、独自の技法を使った作品で必見だ。1973年開館。
●時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)
●休業日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4)展覧会の準備期間 ●料金/一般400円、高・大学生250円、小・中学生150円 ●TEL/0742-23-3968
◆交通/近鉄奈良線 奈良駅より徒歩5分/JR奈良駅より奈良交通バス「県庁前」下車すぐ
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

155
 
曽爾高原
 
 
     
 
秋には一面がすすきに覆われる名所
室生赤目青山国定公園にある。

倶留尊山(標高1038メートル)と亀山(標高849メートル)の西斜面から麓に広がる高原。春になると山焼きが行われ、秋には「お亀池」という湿地帯を除いて一面がすすきに覆われる。京阪神からトレッカーが多く訪れる。
       
●TEL/0745-96-2888(財団法人曽爾村観光振興公社)
 
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

161
 
室生寺
 
 
     
 
春は桜やシャクナゲ、秋は紅葉の名所
奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。

国宝である五重塔は、屋外に立つ五重塔としては日本最小。
平安時代前期の建築や仏像を伝え、春の桜やシャクナゲ、秋の紅葉の名所としても知られる。女人禁制だった高野山に対し、古くから女性の参詣が許されていたことから「女人高野」として親しまれている。
       
●時間/4月1日~11月30日 8:30~17:00 / 12月1日~3月31日 9:00~16:00
●料金/大人600円、子供400円  ●TEL/0745-93-2003
◆交通/近鉄室生口大野駅から室生寺前行きバス終点下車徒歩5分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する