兵庫県

128
 
六甲高山植物園
 
 
     
 
世界各地の高山植物や寒冷地植物を中心に約1500種を栽培している
昭和8年に開設された歴史ある植物園。 昭和30年には博物館相当施設の指定も受けている。

海抜865m、平均気温9度(北海道南部に相当)という恵まれた環境を利用して、 5万平方メートルの園内に世界各地の高山植物や寒地性植物を中心に、六甲山自生植物も含めると、 約1500種を栽培している。

3月はザゼンソウ、4月はミズバショウ、5月はクロユリやクリンソウ群落、 6月はコマクサやエーデルワイスなどの高山植物、7月はアジサイやニッコウキスゲ、 8月はサギソウ、9月からはトリカブトなどの秋の山野草や紅葉と四季折々、 自然に近い状態で植物を楽しめる。
       
●時間/10:00〜17:00
●休業日/2015年9月3日(木)、10日(木) ※2015年3月20日(金)までは冬期休園  ●料金/大人620円、小人(4歳〜小学生)310円  ●TEL/078-891-1247
◆交通/JR東海道本線 六甲道駅・阪急神戸線 六甲駅・阪神電鉄 御影駅よりバス「六甲ケーブル下駅」乗りかえ、 六甲ケーブル六甲山上駅よりバス「六甲高山植物園前」下車すぐ
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

130
 
神戸市立森林植物園
 
 
     
 
日本の代表的な樹木や、世界各地の樹木、約1200種を原産地別に栽培している
六甲山地の西部に位置し、六甲山をはじめ日本の代表的な樹木や世界各地の樹木を原産地別に植栽している(約1200種でうち外国産は500種)。

風景を楽しみながら日本や世界 の森めぐりをし、早春の花々・春の新緑・梅雨のアジサイ・晩秋の紅葉・冬の木立と、四季折々の森の自然が楽しめる。

植物園北側のスポーツ・レクレーションゾーンには、広大な芝生広場(3ヘクタール)もあり、レクレーションに、森林浴に、自然観察にと、楽しい1日を過ごすことが出来る。
       
●時間/9:00〜17:00(入園は16:30まで)
●休業日/水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29〜1/3)  ●料金/大人300円、小中生150円  ●TEL/078-591-0253
◆交通/JR線 三宮駅より市バス25系統「森林植物園」下車(4月~11月のみ運行)/神戸電鉄 北鈴蘭台駅より定時無料送迎バス(1時間に1本)あり。
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

132
 
うずしお温泉
 
 
     
 
肌にやさしい美人の湯として親しまれています。
南あわじ温泉郷6つの源泉のうちのひとつ。炭酸水素イオン、ナトリウムイオン等を主成分とし、肌にやさしい美人の湯として親しまれています。温泉を堪能したら魚介類の淡海の味を楽しむのも素敵です。
       
●TEL/0799-37-2611(うずしお温泉組合)
◆交通/淡路島福良港から車20分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

 

140
 
姫路セントラルパーク
 
 
     
 
遊園地とサファリパークを併設したレジャー施設です。

 サファリパークは、120種類1,000頭羽の動物を飼育しておりマイカーに乗ったまま入場することができるドライブスルーサファリや、間近に動物を見ながら歩いてまわるウォーキングサファリがありす。           

 遊園地には、絶叫マシーンから子供向けまで35機種のアトラクションが揃っており夏はプール、冬はアイススケートと年間を通じてお楽しみいただけます。 
       
●時間/10:00〜17:00
●料金/一般(中学生以上)3,100円、子供(小学生)1,900円、幼児(3歳以上)1,200円
     ※入園料(税込)  
●TEL/079-264-1611
◆交通/JR山陽本線 姫路駅から直通バスで約30分
       
姫路セントラルパーク ウィキペディアで調べる   写真を検索する  地図を検索する 

 

141
 
塩田温泉
 
 
     
 
桜並木が美しい夢前川沿いにある温泉
桜並木が美しい夢前川沿いにあり、胃腸に特効のある温泉とされている。鮎、山菜、野鳥、猪肉等山の幸が名物です。
       
●TEL/079-336-0001(夢前事務所)
◆交通/JR姫路駅からバス40分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

147
兵庫県立美術館
神戸出身洋画家金山平三作品をはじめ国内外の彫刻、版画、絵画など数多くの作品を所蔵
神戸出身の洋画家、金山平三の作品の寄贈を受け、1970年に兵庫県立近代美術館として開館。その後、建築家・安藤忠雄氏に設計を依頼し、2002年4月に兵庫県立美術館として新たに開館。『大石田の最上川』など詩情の漂う風景画を描き続けた金山の一大コレクション約500点を所蔵している。

同じく神戸出身の現代日本洋画壇の巨匠、小磯良平の戦前の代表作『斉唱』を含む約40点の油彩、デッサン、スケッチも収集。

この他、ロダン以降の近代彫刻や近代版画、国外の現代美術展で今なお反響を呼ぶ前衛芸術グループ "具体美術協会" の作品などを収めた現代美術コレクションも是非見ておきたい。

最近では、八面六臂の活躍を続ける西脇出身の横尾忠則の作品を大量収蔵。新美術館への移転を気にブランクーシとシーガルの作品が加わり、さらにコレクションが充実。
●時間/10:00〜18:00(入館は17:30まで)※特別展会期中の金曜日と土曜日は10:00〜20:00(入館は19:30まで)
●休業日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月31日、1月1日) ●料金/常設展:一般510円、大学生410円、高校生260円、65才以上255円、中学生以下無料 ※展覧会ごとに異なります。 ●TEL/078-262-0901
◆交通/JR東海道本線 灘駅南口より徒歩約10分・阪急神戸線 王子公園駅西口より徒歩約15分・阪神 岩屋駅より徒歩約8分
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する