大阪府

145
ちはや星と自然のミュージアム
標高1000メートルの大自然の山で、360度の空をもっと身近に感じることができます
定期的に天体観望会を開いていたり、自然観察会を開催している。

金剛山キャンプ場や宿泊施設に泊まって、天体観測や自然観察を満喫することができる。
●時間/平日 10:00~16:30/土・日・祝 10:00~17:00 (※冬季等、営業時間が変更になる場合がありますので、ご注意下さい)
●休業日/火曜日(火曜日が祝日の場合は営業、翌日休み) (※夏休み期間は無休となります) ●料金/無料 ●TEL/0721-74-0056(ちはや星と自然のミュージアム)
◆交通/南海高野線河内長野駅より金剛山ロープウェイバス停下車または近鉄長野線富田林駅より千早ロープウェイバス停下車
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

146
毛馬桜之宮公園
大阪の中心部を流れる大川に沿って続く桜並木
毛馬桜之宮公園は、大川の毛馬洗いぜきから下流の天満橋まで延長4.2kmのリバーサイドパーク。大川右岸沿いには造幣局、泉布観などの明治初期を代表する建物が並び、大川の流れに沿ったプロムナードに桜並木が続く。天満橋から桜之宮橋(銀橋)あたりを中心にソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど約4,000本が植えられており、サクラが見頃を迎える1週間には夜桜を楽しめるナイターを実施。 (見頃:3月下旬〜4月上旬)
●TEL/06-6312-8121(北部方面公園事務所)
◆交通/地下鉄天満橋駅
京阪電車天満橋駅
JR大阪城北詰駅
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

148
天満天神繁昌亭
関西では戦後60年ぶりの復活となる、落語専門の定席(毎日公演している小屋)です。
 関西では戦後60年ぶりの復活となる、落語専門の定席(毎日公演している小屋)です。昼は週替わり、夜は日替わりで、バラエティに富んだ番組を連日お楽しみいただけます。

●TEL/06-6352-4874
◆交通/・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」4-B出口から徒歩3分
・JR東西線「大阪天満宮駅」3出口から徒歩3分
・地下鉄堺筋線「扇町駅」4番出口から徒歩10分
・JR「天満駅」から徒歩15分
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

150
花博記念公園 鶴見緑地
1990年に開催された「国際花と緑の博覧会」の記念公園
 1990年に開催された「国際花と緑の博覧会」の記念公園。中央の大池を囲むように、花の谷やバラ園、世界の森などが広がり、国際庭園には世界55カ国の個性ある庭園と風情ある4つの日本庭園が配され、四季折々の花を楽しむことができる。

 緑地内には、咲くやこの花館、生き生き地球館、UNEP国際環境技術センター、大型レジャープールなどもある。
●時間/終日開放
●休業日/年中無休 ●料金/無料 ●TEL/06-6912-0650
◆交通/地下鉄長堀鶴見緑地線 鶴見緑地駅からすぐ
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

152
新歌舞伎座
桃山時代の唐破風造りの外観で有名
地上5階、地下2階、桃山時代の唐破風造りを模した外観、豪華な内装。スターが座長をつとめる公演や歌舞伎など多彩なプログラムが特徴。
●TEL/06-7730-2222
◆交通/地下鉄・近鉄・南海 難波駅から徒歩2分
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

166
 
大阪府立近つ飛鳥博物館
 
 
     
 
日本古代国家の形成過程と国際交流の様子を紹介
一風変わった館名は、8世紀の歴史書「古事記」に、大和の飛鳥を指す“遠つ飛鳥”とともに記載されている、河内の飛鳥 “近つ飛鳥” に由来する。古墳時代から飛鳥時代の国家の形成過程と国際交流の様子を、実物の土器や最新の映像ソフトなどを用いて紹介している。ひときわ目を引くのは、日本最大の “仁徳陵古墳” を築造当時の姿に再現した、直径10mの復原模型(縮尺1/150)。

建築家の安藤忠雄が “平成の古墳” をイメージして設計した斬新な建物にひかれて、海外から訪れる人も多い。1994年開館。
       
●時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
●休業日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4)※その他、臨時休館日あり  ●料金/大人300円、高・大学生・65歳以上200円、中学生以下・身害者手帳お持ちの方(介護者1名含む)無料  ●TEL/0721-93-8321
◆交通/近鉄長野線 喜志駅よりバス「阪南ネオポリス」下車
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する